英語教師のつぶやき。

英語を学び、英語を教える日々。気が付いたこと、気になったことを綴ります。

英語民間試験導入延期

ネットにはそれぞれの立場の人のそれぞれの声が溢れている。

 

見苦しいなと思うのは、同業者たちのbinaryな捉え方、それに基づいて一方向にどんどん加速していく意見。

 

「政府も、民間試験導入に反対していた人たちも、日本人の英語に"話す""書く"はいらないと思ってる。日本人の低い英語力をいつまで放っておくつもりか!英語教育が変わって行くと、従来通りのやり方ではやれなくなって、自分たちの職が危うくなるから、現状の時代遅れの教育のままでいて欲しいんだろう。大人たちに煽られて、抗議活動した高校生は愚かだ。それでますます世界と差が開いていくのに、自業自得だ」

 

これらは全てSNSにて公開設定されている場でのやり取りだ。

 

それぞれの思いや立場があって行動していることなのに、「こちら側」でない人間は全て「あちら側」

 

何より、教師でありながら、自分なりの思いを持って行動した高校生を、下手したらその本人や周囲の人が読める場でこんな風に叩くとは、ちょっと頭に血が上りすぎて我を見失っていないか?"大人たちに煽られて、、"とまで言ってしまっては、グレタさんを叩く人たちともはや同類では?

 

Factfulnessを読んでいる。著者のHans Roskingは繰り返し、世界を二つに分けて見ること、平均値で判断することの危険を説いている。各構成要素は、dividedなのではない、spreadしてるのだと。

 

怒るのも批判するのも非難するのも、それを表明するのも結構。でも、そろそろ目の前にいる生徒のために、そして日本の英語教育を向上させるために、自分にできることをやりましょう。批判するだけでなく、代案を示す。非難している相手に、自分のやり方を提示して、良さを分かってもらう。やれること、いっぱいありませんか?

 

とりあえず、私は、自分の力をつけます。

 

 

考察: ルーブリック

新規採用英語教員さんの授業研修。研究協議の場でルーブリックについての質問が出ました。ライティングやスピーキングのパフォーマンステストではルーブリックの活用が必要ですが、いつも思うのは、personalityの評価になってはいけない、ということ。(←あくまで私見です)

ルーブリックの評価は、アウトプットの英語スキルにおいて、何がどのくらいできているか、今回何が足りなかったかを示して、その後の学習に生かせるformative assessmentの要素が欲しい。ルーブリックに基づいた評価を生徒に示した時、例えば「内容」に関しての項目が低評価だったり、それがcreativityとかoriginalityで評価されているとしたら、「次のパフォーマンステストまであなたが努力すべき分野はcreativeなネタ探しだよ」って言ってるようなもので、英語スキルの伸長には関係ない。

反対に、ルーブリックを上手に使って上手に取り入れることができれば、日頃の学習の意識の向け方に影響を与えることができると思うのです。

研究協議の場でルーブリックについて話されたことにモヤモヤを感じていたら、Facebook で出てきた過去のこの日の投稿に、Quick Rubric というサイトをシェアしている投稿!その時にはじっくり読む暇がなくて、シェアだけしている記事が沢山ありますが、なんともタイムリーに現れてくれました。

作っているうちにちょっと考えがまとまってきました。

 

f:id:cnappa:20190923000415j:image

f:id:cnappa:20190923000419j:image

f:id:cnappa:20190923000433j:image

 

〜izeの単語 その二

通勤車中リスニングで使われてたのは

 

contextualize 

conceptualize 

marginalize  

 

-izeの単語が使われている文脈をきちんと理解できると、一段英語力が上がった気になる。自分のスピーキングやライティングで適切に使えるとなおさら

 

-izeの単語が好きな理由はそんなところにあるのかも

 

〜izeの単語

-izeで終わる単語が大好きです。「〜化する」「〜なものにする」のイメージで説明してきたけど、ウィズダムの説明はこんな感じ。

f:id:cnappa:20190915003827j:image

 

「〜で処理する」も、なるほど頷けます。realizeやcriticize、summarizeなどの基本動詞も仲間ですよね

世の中もしくは頭の中においてrealなものにする→realize 実現する 実感する

 

Americanize westernize globalize Africanize 

democratize politicize polarize nationalize privatize publicize prioritize denuclearize criminalize decriminalize legalize revitalize

commercialize socialize sexualize victimize traumatize materialize weaponize 

 

-時代の変化に伴って新しい単語ができたり、それまでもあった単語に新たな意味が加わったり、英語(に限りませんが)という言葉の面白さが感じられます

 

 

知らない単語は聞こえない。

朝、国連ニュースの通勤車中リスニング

タイトルはPaddling hard for a Global Oceans Treaty

 

Some of the *** are actually responsible for producing more than 50 % of the oxygen that we breathe on the land. People normally think it’s only trees that produce oxygen but...と続くんだけど、※の部分が分からず

 

理系クラスの授業で尋ねる。海のもので、こんなに酸素作ってくれてるの、なに?発音はallergyとAussieを混ぜた感じ、、と、男子生徒が電子辞書片手に、「先生、これじゃないですか?」

 

algae  藻?確かに‼️勉強になりました。つくづく、知らない単語は聞こえない。

http://rssr.link/rIgt

f:id:cnappa:20190912010427j:image

place mat

NHKラジオ講座「英会話タイムトライアル」

タイミングよく返せると会話が上手くなった気になります

この手法、授業でも使えるかも、と思い、時々聞いて研究

 

ランチョンマットはplace matという方が自然、とのこと。初めて知りました。

 

そしてラウンド2をする前の一言

This is your chance to do a little better than before.

生徒への声かけに使えますね